Blog

ネクタイをきれいに結ぶには

日常、ネクタイを締めていらっしゃる方にはなんてことはないネクタイ。
でも、クールビズなどでネクタイをされないことも多くなって来ましたね。

特に、ウイングカラーシャツにネクタイをするには、ちょっとしたコツがあります。
※ ウィングカラーシャツとは、モーニングコート、燕尾服などのフォーマル用シャツです。前にウィング(羽)と呼ばれる部分が折り返してあるだけで、ほとんどがスタンドカラーとなっています。ネクタイがきつ目に締めると、えりからはみ出してしまうことがありますので、首がきつくならないように調整して結ぶようにして下さい。

スマートに結ぶコツを入れて、一般的な結び方(プレーンノット)を説明いたします。絵を参考にしながら、試してください。

ネクタイをきれいに結ぶには

1. 太いほうの端(太剣)が左、細い端(小剣)が右に来るように首にネクタイを掛けます。

2. 前で、太剣が上になるように交差させます。
  ※その時、ネクタイの縫い目が首の右前に来るようにし、その縫い目に沿って太剣を合わせるときれいに見えます。

3. 右に来た太剣を小剣の後向かって巻きつけて、首の内側から前に出します。

4. ノットに差し込みます。

5. 太剣を下に引っ張ります。でも、ちょっと待ってください!!

6. 右手人差し指を太剣のループに差込んで、まっすぐなるように下へ引っ張ると、きれいな三角形ができます。

7. もう一つ! 人差し指をノットの下から入れてネクタイの中心にくぼみができるように押します。右手で太剣と小剣を交互に引っ張り、ノットが逆三角形になるように左手の親指と中指でノットの根元を強めに押さえます。   ※ 人差し指で、なるべく高い位置からネクタイにくぼみ(えくぼ)を入れると、崩れにくくなります。

8. 最後のチェックです。
  後姿: 鏡で後からもチェックし、ネクタイがウィングカラーシャツの立ち襟から上に浮いていないか確かめます。
  正面: ノットの根元にくぼみができていますか? ノットはきれいな逆三角形ですか?

すべてOKなら、完成で~す♪


商品説明