Blog

コサージュの付け方

コサージュを付ける位置

コサージュをジャケットに付ける場所は、左胸が一般的です。

自分で付けるときに右利きの人は左胸の方が付けやすいからと言われています。 
アップタウンブライダルのコサージュは、茎を上になるようにつけます。高さ(位置)は、肩から5cm程度下に茎のトップが来るのが目安です。

着るジャケットの襟の形や、身長によってコサージュを付ける位置も変わります。背の低い方はやや高め、背の高い方はちょっと下、などです。視線が上がる分背を高く(低く)見せる効果があります。

コサージュピンの上手な留め方

コサージュは安全ピンで留めるタイプがほとんどです。安全ピン式になっているコサージュは、傾いてしまったり、ぐらぐらしてしっかり留められない事があります。

ぐらつかない留め方

ピンにはさむ生地はできるだけ沢山すくうようにして留めると、安定感がアップします。それでもダメな場合は、留める服の裏に当て布(カット綿やガーゼなどでもOK)をして、ピンを刺す生地の部分に厚みをもたせてみてください。当て布の大きさは、ピンの長さ位の小さなもので大丈夫です。


これで、でき上がりです♪


お知らせ