Blog

モーニングとディレクターズスーツの違い

お客様からよく「モーニングとディレクターズスーツの違いは何ですか?」とたびたび尋ねられます。

一言で言えば、モーニングが正礼装、ディレクターズスーツが準礼装です。使用時間帯は両方とも4時くらいまでが一般的です。
見た目の形は、モーニングは後がペンギンのように垂れ下がり、ディレクターズスーツは背広と同じ丈となります。

モーニング ディレクターズ

● モーニングコートは、正礼装と言われ、「モーニング」というように日中の式典に着用します。
  しかし、日本では一日を通してモーニングをお召しになっています。会場でも主にモーニングのレンタルをしていますよね。
  海外では、本場イギリスの場合「モーニングドレス」と呼ばれ、結婚式や正式の場での正礼装となっているようです。アメリカや他の欧州諸国ではタキシードが一般的です。
  では、夜の正礼装というと「燕尾服」です。モーニングとの違いは、ベストと蝶タイが白、ズボンが黒になります。また、靴はエナメルです。ここまで揃えると、重厚感があふれていますね。

● ディレクターズスーツは、準礼装と言われ、昼間(5時くらいまで)の式典にご利用いただけます。夜の準礼装はタキシードです。
  ロングテールが苦手なお父様や、若く見える礼装として最近、当店ではご利用者が増えています。


商品説明