Blog

お母様のメークアップ2、目元

前回に続き、メークの仕方第2弾です。今回は、ご自身のイメージに合った眉とアイラインの形作りについて説明いたします。

1. お肌の色より明るい色、あるいは透明のコンシーラーを塗ります。しみがあればその部分をしっかり塗って、目立たないようにして下さい。

2. 必要に応じてベースを塗ってください。あまり厚塗りすると、ナチュラルなお化粧にはならないのでご注意下さい。パウダーはお好みで。

3. 眉を描きます。眉の形で顔のイメージが変わります。
ソフトなイメージにしたい場合は、眉山に向かいゆったりとしたカーブをつけ、ペンシルとパウダーでぼかす感じで描きます。
大人っぽいイメージにしたい場合は、眉山をポイントで角ができるようにペンシルを使って直線を描く感じで形作ります。

目元

4. 眉は長さを3等分して、何と眉尻から ⇒ 眉山 ⇒ 眉頭 の順に描いていきます。普通は眉頭から描きがちですよね?! これにはびっくりです!!
キリッと見せる大人っぽいイメージの場合は、眉山 ⇒ 眉尻、眉山 ⇒ 眉頭 と両端に向かって描くと良いかもしれません。

目元

編集者はこうしています: 私は眉をマスカラで調整しています。眉の薄い部分と濃い部分を平均になるように塗ってから、面棒で整えています。もし濃くなりすぎた場合は、ホワイト系かハイライト系のアイシャドウをブラシで軽く塗ってぼかしています。また、眉の色を黒系、茶系などにする場合はアイシャドウの色で変えています。長持ちするし、クレンジングで落ちやすいので重宝しています。 

5. 次は、イメージに合ったアイラインの描き方です。アイライナーにはリキッドタイプ、ペンシルタイプがありますので、ご自身で使いやすいほうを選びましょう。
 【注意】年代が高くなるに従いまぶたが下がってきますので、目じりを指で上に吊り上げて描くときれいな線になりますよ♪

ソフトなイメージを作る場合は、目玉の上下を1~2mm太さに描いて強調します。アイシャドウは まぶた全体に。ダークなアイシャドウは目頭と目じりに少量だけをぼかすように。たっぷりシャドウを入れると、きついイメージになるのでご注意下さい。まぶた中央を明るいカラーのアイシャドウで立体感が出るようにします。カラーは、衣裳の色に合わせて♪(イラスト左側)

キリッと大人のイメージに仕上げる場合は、目じりを1~2mmの太さに描いて強調します。アイシャドウは 目じり方向に流れるように入れます。ダークなアイシャドウを目尻のみに入れ、アイボールの上はぼかしながら自然なグラデーションになるように。カラーは、衣裳の色に合わせて♪(右側イラスト)
イラストは、同じ目にアイラインを入れたものです。目のイメージがぜんぜん違うのがお分かりいただけると思います。

注)ただし、アイラインを入れると、涙を流した時などにお化粧崩れがあり、目がパンダ状態になる場合があるのでご注意下さい。汗をかいた時、涙を流した時には、ハンカチで目の下を押さえるようにぬぐいましょう。

目元

次回は、リップとチーク編です。 


お知らせ